HONDAはなぜ本領発揮しない!?




良いクルマ

「良いクルマは人が作り上げる」そんなMAZDA好きの信念は1ミリも揺るがない状況は続いている。場末のささやかなクルマ談義において「自然吸気エンジンとトルコンATが醸すフィールは大正義」なんて仰々しい理屈を説明する必要もなく、MAZDAオーナーというだけで楽々にマウントが取れてしまう感じがする摩訶不思議な時代になってしまった。

人それぞれだけどさ・・・

こんなことブログでしか書けないけど、街中で「無印」のメルセデスやビーエム乗ってるオッサンの心中お察し申し上げる(何も状況がわかってない可能性も高いが)。それでもクルマにあまり興味がない一般人に対してなら、まだまだ十分にドヤれますからそんなに気を落とさないで頂きたい。ただし後ろからMAZDA車が来たらすぐに道を譲って先に行かせた方がいいと思うけど・・・。

あの社長が・・・

マーケティングにかけてはおそらく世界最高であろうトヨタは、「全ラインナップをHV化」というとっても熱いポリシーを掲げて快走していたはずだが、何を血迷ったのか「これからは自然吸気の需要が・・・」と言い出す始末。社長が「プリウスのデザインはガチでダサい」「THSなんてわざわざ運転したいとは思わない」みたいなことまで発言してしまうからちょっとややこしいになっている!? トヨタのトップが上から目線で「MAZDAの姿勢は実に素晴らしい」と語ってしまったのは社交辞令ではなく、本当に自然吸気&MTのマシンが欲しくなっているようだ・・・。




茶番!?

MAZDAの自然吸気市場独占に「待った!!」をかけるべくTOYOTAも魅惑の自然吸気「ダイナミックフォース」を投入。物量豊かな巨大メーカーゆえに、シンプルな自然吸気エンジンに、系列ミッションサプライヤーながらも今や世界ナンバー1のミッション屋に成長したアイシンAW(アイシンAIも統合)からCVT、トルコンAT、MTを低コストで入手できる。もしかしたら世界的な電動化に怯えるアイシンAWの世界シェアを守るためのアピールの場として、戦略的に「自然吸気」への回帰を打ち出しているのかもしれない・・・。

自然吸気なら・・・

MAZDAとTOYOTAは裏で繋がっていて(アライアンス締結)、北米市場のルールに適合するために仕方なしにEV工場を合弁で操業させている。その一方でグローバルでは「アンチ電動化戦略」で両者のコンセンサスは一致しているようで、これ見よがしに「自然吸気&MT」での対決をプロレス的に演出しているのだろうか。色々考えていてもキリがないが、一つハッキリしていることは、この複雑な状況にいちいち苛立っているのは・・・とってもとっても熱いHONDAファン。MAZDAやTOYOTAの自然吸気なんてク○だ!!日本市場でもっと自然吸気Vテックの選択肢を増やせ!!と憤っている。

HONDAの直近20年を支えたもの

初期のHONDAのHVが頓挫し、欧州&中国市場向けにプライドを捨てて開発したVテックターボも目立った存在感を出せない(K20Cは見事だけど)。高性能な指標は見られるものの、全く効果的な次世代パワーユニット戦略を打ち出すことができずに、結局「失われた20年」を過ごしてしまったHONDAを、それでも力強く支え続けたのは、「自然吸気Vテック」こそが自動車エンジンの誉れだと絶賛する北米のHONDAフリークだったわけだ。世界有数の規模を誇るHONDAなのだから、次世代パワーユニットの開発も当然に必要だろうけども、既存の「資産」をもっと活用して存在感を発揮することも考えて欲しいところだ。




経営判断

「自然吸気を新開発してMAZDAとTOYOTAにレベルの違いを見せつけるべきだ」「他社のマネなどしないのがHONDAの誇りだ」などと延々と鈴鹿評定が続いたかどうかわからない。しかしエンジン開発の本拠である本田技研の「規模縮小」というとてもラディカルな判断で、何らかの現状打破を図ってきた。技研を潰さないと次世代パワーユニットの開発や販売戦略に集中できないという決断なのだろうか。

バカは相手にしない!?

MAZDAとTOYOTAの『プロレスごっこ』にHONDAが参戦したところで、ドイツ車が好きな日本のユーザーにクルマの価値などわかるとは思えない。圧倒的な高性能自然吸気(新型Vテック)を投入したところで、どうせTOYOTAが儲かるばかりでつまらない。「君子危うきに近づかず」という妥当な判断なんだろうけども、世界はHONDAに再びクルマ文化を大きく牽引するようなドライビングカーを求めてしまう。

MAZDAに足りないもの

ちょっと失礼な話かもしれないが、MAZDAやTOYOTAが騒いだところで世界は変わらない。ロードスターやRX7は世界的な大ヒットスポーツカーとなったけども、MAZDAはあくまで「東洋の神秘的なスポーツカーブランド」であり、アウディ、BMW、アルファロメオの技師が、ロードカー(GTカー)のお手本にしたいとは思うような、エンジンだったり車体の作り方をしていない。欧州のクルマづくりを変えてしまったのは、プレリュードの足回りとプリメーラのウルトラハードな乗り味(E46はこれをコピーして大成功)。あとは福野礼一郎氏が、レクサスのスッカスカなクルマ作りがドイツ御三家を堕落させたと結論していたが・・・。




レベル高過ぎ問題

ホンダの普通車シャシーはNSXを除けば、DEセグ(レジェンド、アコード)、CDセグ(シビック、インサイト、CR-V)、BCセグ(フィット、シャトル、フリード、ヴェゼル、ジェイド、オデッセイ)の3つに分かれるけど、総じて車格以上の乗り味を発揮しているモデルが多い。フラットに評価してもアコードは、Eクラスや5シリーズを蹴散らしているし、インサイトは動力性能やNVHにおいてもアウディA4やレクサスESに全く引けをとっていない。ジェイドはVWゴルフヴァリアントを圧倒してしまっている。

理解されない問題

クルマに詳しい人ならば、ホンダ車が抱える欠点はあれこれわかっているだろうけど、それでも「総合的」な実力に疑問の余地はない。ホンダってだけで批判したがるAJAJの連中(K沢<匿名不要のアンチHONDA&MAZDA>、K口<LOVE CARS TV>は特に酷いかも)は結構多いけど、彼らのおおまかな共通点はレビューにそもそも明確な基準が存在しないこと。そんなダブルスタンダードなレビューがネットメディアに出てくればちょっと頭がおかしい連中から過激な批判も出てくる。

潰すしかない・・・

「誹謗中傷をやめよう!!」とテラスハウス騒動に便乗してK口やS下が訴えていたが、HONDAの開発者からしてみたら、まずはお前らから「根拠のないメーカー批判をやめろ!!」と相当にお怒りではないだろうか!?ネットでの「誹謗中傷」は良くないことは確かだが、それと同じくらいに不快な存在でしかない「AJAJ」はさっさと解散してくれないかな!?自動車文化の発展にとって全く邪魔でしかないこの組織が無くならない限り、自然吸気エンジン(Vテック)に北米で展開しているオンリーワンな「トルコンDCT」を組み合わせたモデルが日本市場で販売されることは無いかもしれない。