國政久郎著「営業バンが高速道路をぶっ飛ばせる理由2」

日本で偉そうにクルマ語っている輩を一気に黙らせる!!という意味で、これは名著かもしれないです。警告しておきますが、「ニワカ」のスバルやBMW愛好家は読まない方がいいですよ(結構ショックデカイと思います)。

素人には反論不可能なことをつらつらと書いて、クルマ屋のオッサンがいい気になっているような本です。架空の日本車、架空の日本メーカー開発者をターゲットにして「間違った進化をしている」「早く気付け!!」と啓発しているように見せかけて、大多数の自動車ユーザー読者を馬鹿にしている。「オマエらが『いいクルマ』だと信じているそのモデル・・・実際はカスだよ」まあそう言ってやりたい気持ちはわからないでもないですけど。

「極論を言いたくて仕方ないオッサン」ってその辺にたくさんいますよね(オマエもだろうって!?)。この本の著者は「重ステ、生ブレーキ、リジッドアクスル、この3つこそが機能性を考えれば理想的なんだよ!!」と言いたくて仕方ないようです。けどオッサンの極論がそのまま「正解」になるならば、「仕事の難しさ」から簡単に解放されて、この資本主義の世の中は成功者で溢れているだろうに・・・。水野和敏さんみたいな「天才」の極論なら通用する、いや極論で通用しちゃったから「オレは天才なんだ!!」「非常識な本質」みたいなことをご自身の著書で書いておられるだけですね。

國政さんの決まり文句なのか、文章を代筆している森慶太さんの意図なのかわかりませんが、とにかく日本メーカーの開発者の無知を疑う文言が目立ちます。開発者をバカにするのは年配の老害ライターの特徴なんですけど、明らかに挑発していますね。大手メーカー勤務の人々がこれを読んだ時には、「極論が好きな奴は大抵は仕事ができない」とか「人の仕事に文句をつける前に一度くらいメーカー勤務を経験したら、いろいろわかることもあるんじゃねーの!!」くらいには思うんじゃないかなー。

著者の主張するように、最近の市販車が「100点」を目指して作られていないというのはわかるんですけど、その100点への過程に「重ステ、生ブレーキ、リジッドアクスル」があるとは思えないです。喜ぶ人はいるでしょうけど、ユーザーの誰かが絶賛したら100点とかいうルールでは、自動車産業は成立しないです。読み手を全く信用していないからか「リジッドアクスルの利点なんてほとんど誰も知らないだろう」とか書いてますけど、マスタングのFMCの時にそこいらじゅうのレビューで言及されてましたから、熱心なカーメディアの読者ならわかっているでしょうし、そんなことはメーカーも先刻承知のことでしょう。・・・なんとなく読んでてストレスが溜まりそうなのわかりますよね?

そもそも「日本車=疲れる」というのもあまりピンと来ないです。オッサンの世代にしか通用しない概念を持ち出して話を始め流のもなんだかなー。日本車も疲れないモデルたくさんありますよ。・・・つーか圧倒的に長距離ドライバーが多いのは、乗用車よりもトラックなのだから、トラックには疲れないように工夫する!!って当たり前のことじゃないですか!? それがまるで全て「リジッドアクスル」のおかげで疲れないみたいなこと書いてあるのもちょっと気になります。

ツッコミ所がありすぎて、もっともっと反論したいことはいっぱいあるんですけども、スバル、マツダ、BMW、メルセデスなどに喜んで乗っている人がこの本を読んだらどんな顔するんだろう?と想像すると、ちょっと面白いかも(性格悪いなー)。この一冊だけで雄弁なクルマ好きなオッサンが沈黙しちゃうんじゃないの? この本を読んで思ったのが、ここで自分が沈黙してしまったら、もう自信を持ってブログを書くこともできなくなるんじゃないか!?という悪い予感が・・・何かを発信しなければ。たとえ間違っていてもいいからリアクションするべきだ!!若輩ものですけど、それなりの数のクルマに乗ってきてますし、真摯にメーカーの取り組みを感じて、しばしばそのモデルに感動することも何度もありましたから、「日本車は全部ダメ」と言われて沈黙したら自分の感性を否定することになるなー。

國政さんは「ザックス」のダンパーがいいと書いてますけど、日本のサプライヤーの作ったダンパーでザックスと同等かそれ以上に感銘を受けたものもたくさんあります。ダンパーに関しては海外サプライヤーを使わない日産やマツダのアシは非常にレベルが高い。VW、アウディ、BMWに負けているとも思わないです。ここ数年に乗った中で、これは買いたいと思わないアシだったのは「MINI」「Aクラス」「WRX-S4」「レヴォーグ」「アクセラ」「ヴェゼル」くらいなものですよ、この5モデルは長距離乗ったら疲れるでしょうね・・・。

逆にこのモデルならまず大丈夫!!というのは、「スカイライン350GT」「アテンザXD」「アコード」「レクサスGS450h」と言った比較的に大型なモデルが多いかも。これだけしっかりできていればいいんじゃないの?なんの不満がある? ラック&ピニオンEPSで、倍力ブレーキで、マルチリンクですけど、それでいいんじゃないの? これ以外の軽自動車やコンパクトカーなんてそもそも高速道路で走ることなんか考えてないですし、長距離&長時間での使用なんて想定してないですけど、そういうモデルを捕まえて「疲れる」って言われてもさ・・・そりゃそうでしょ。

ただし國政さんが理想のハンドリングをもつ現行モデルとして挙げていたのが、このブログでもちょくちょく高評価をしている「プジョー508GT」。これ出されちゃったら、もうこれ以上はこの本をディスれないなー。「ちゃんとわかってんじゃん」・・・と上から目線でちょっぴり納得しちゃいましたー。先代のマツダ・アテンザに乗ってみろ!!とは書いてくれないのは残念ですけど。アルファ・ブレラやアルファ156も含めて、FFのフロントDWBのモデルを、「3」では再評価してほしいですね。

最新投稿まとめブログ

男だったらワゴンのMTかなー

結論から言うと日本市場には日本車、輸入車合わせて4モデルしかないです・・・「ワゴンのMT」(商用車は除く)。欧州のカーライフに「無意識のうち」に憧れる人々にとっては、やっぱり「ワゴン」の実用性の高さと、塊感に溢れていて、剛性はセダンに譲るけどエアロ性能に優れるワゴンボデーは、そのイメージにぴったりのなんとも男前なクルマだと思います。日本で売られているクルマ、特にファミリーカーを中心に最近ではブッ飛んだデザインが多くなっている中で、1980年代な雰囲気のデザインを今に伝えるワゴンはなかなかいい存在感を出してます。

80年代デザイン。特にメーカーの威信をかけた看板モデルにおけるデザインを改めて見返すと、まずはデザイナーが生み出すモデルへ強烈なまでのリスペクトを持っていることに気づきます。つまりそのモデルが想定するユーザーへのリスペクトです。デザインで納得させよう!!これだったら10年飽きずに喜んで乗ってもらえる!!まだ日本メーカーが世界の頂点だと完全には認められていない段階だからこそ生まれてくる良さと言えるかもしれません。最近の大手メーカーのすぐに飽きそうなデザインには閉口させられます。街中にもその手のクルマが増えてきたなー。5年スパンで買い替えを促す戦略なんでしょうけども・・・。トヨタだけじゃないですよ!!メルセデスやスズキなど・・・。

「ユーザーを馬鹿にしている!!」とまでは言わないですけども、「この程度の輩が乗る」くらいの上から目線なんでしょうな。上層部がアホだからまともなクルマなんかどうせできません!!みたいな腐ったメンタリティで新型モデルをやる気なしで作ってるんじゃないの?・・・そう疑いたくなるようなクルマにしばしば出会います。某国内メーカーの広報部は「〇〇の想定するユーザーは都心のタワーマンションに住む外資系企業の役員です!!」と・・・呆れるくらいに痛過ぎるブランディングを展開したことがありました。このメーカーは女性管理職が多いことで最近では知られていますが、やっぱりこういう安っぽいことをやらかす担当は中年のオバさんみたいです。最初は「いいクルマだな!!」とは思いましたが、外資系には勤めてないし、タワーマンションに引っ越す予定もないので試乗だけでヤメておきました。

人がどう感じているのかわかりませんけども、あまりにも「営利企業の原理」で世の中全体が流されているように感じる日本のライフデザインのあり方には疑問を感じます。スマホのアプリで人生が満たされますか? 匿名ブログなんで書きますけども、SNSを使って何年も会ってない人から突然に連絡が来ることがたまにあります。勇気を持って誘ってくれた相手には敬意を持ちますし、拒否って角を立てるのもイヤなので予定が許せば出向いたりしますけど、コイツはスゴイ奴だった!!みたいなよっぽどの人でもない限りは、「行って損したな・・・」っていう後悔の方が多いです。少々「盛りすぎ」の話を聞かされるくらいならいいですけど、(女性に多いですけど)辻褄の合わない話(つまり嘘)を延々とされて、それに対して相槌に困る時は正直言って辛いなー。日産の女性役員が語る「胡散臭い」虚構のストーリーを聞かされている気分なわけですよ。スカイラインなんて町工場の単身者がパチスロをしにいくクルマだろうに・・・。

もちろん世の中に過剰な期待をしている我々もバカなんでしょうけども、あらゆる文化的なものが「営利企業」が生み出す世の中に成り過ぎてないですか?しかも10年20年のスパンなんてまずありえない。一発屋のお笑い芸人と一緒で、半年が勝負・・・1年後にはあれはなんだったんだろう?ってなる。やっぱり生み出されて10年20年が経過したものこそが「文化」なんでしょうね。クラシックカーは文化だけど、テスラは文化ではない!!・・・プリウスはやっと20年経ちましたね。

「日本とか中国のユーザーは企業の仕掛ける広告戦略の餌食になりやすい!!質実剛健な欧州ではそんなことはない!!」10年以上前に大学の一般教養講座では、そんな手垢の付いた話をする「能無し」もいました(今もいるのかな?)。ところがどっこい、欧州市場なんてさ、なんのプライドもなくただただ安いクルマを好む人々が溢れてますね。日本以上に「クルマはオワコン」が浸透している西ヨーロッパには、どう見てもやっつけ仕事感が半端ないクロスオーバーが氾濫してます・・・。

「フォードエコスポーツ」も「プジョー3008(先代モデル)」も・・・なんすかこれ? 日本のカーメディアが「ダサい日本車デザイン」の代名詞に挙げそうなほど、バランスが完全に崩壊してます。他にもメルセデスBクラスとか、BMW2erアクティブツアラーとか・・・やはり日本ではイマイチ売れてないですね。何がデザインをダメにしているのか?「セダンやワゴンはボデーが大きすぎて運転が辛い、手頃なサイズでキャビンが狭くないクルマが欲しい!!」とか平気で言うオッサンが増えてるからじゃないの? アクアとかオーリスとか・・・いい歳したオッサンが乗るな!!フィールダーにしろ!!(もちろんそんなこと言う権利は私にはありませんが)

メーカーも世の中のオッサン達にワゴンを勧めるべきじゃないですか? もちろんワゴンなんて嫌だ!!という人を無理やり勧誘するのではなくて、「何に乗ったらいいかわかりません」というクルマ難民にワゴンの素晴らしさをアピールするんです。4ナンバーの営業バンとは「別ものです!!」というメッセージのこもった洗練されたワゴンを競って作って市場を作るのです。へそ曲がりな技術屋が「4ナンバー営業バンはよく走る!!」みたいなことを吹聴したりしているので少々厄介ですが、それを克服できるかどうか?・・・メーカーの実力の見せ所じゃないでしょうか?

さてフィールダー(163万円)以外に「MT」が設定されているワゴンの現行モデルは・・・「マツダアテンザワゴン(323万円)」「ルノー・メガーヌエステートGT220(328万円)」そしてフィールダーをベース車とした「光岡・リューギワゴン(250万円)」です。あれれーもうすぐ絶滅してしまいそうです。価格帯もいい感じにばらけていて、どれもスペックやデザインを考えれば非常にお買い得で「堅実」=「長く使える」モデルにはなっていますから、このまま消えていくのは残念過ぎる!!MTにこだわらなければまだまだたくさんありますけども・・・。

インポーターがその気になれば「VWゴルフヴァリアントGTI」「BMW320iツーリング」「プジョー308SW」などすぐに導入できるでしょうし、ドイツで絶賛発売中の「オーリス・スポーツワゴン」も1.2Lガソリンターボと1.6Lディーゼル(BMW製)のどちらにも6MTがありますので、アベンシスと同じように逆輸入があってもいいのになー。ちなみにドイツのオーリススポーツワゴンは、上位グレードにはHVも用意される一方で、VW勢(VWやセアトなど)との価格競争に対抗するためにヴィッツ用の1.3L自然吸気(99ps)&6MTなんてモデルもあります。

さらに上級のワゴンになるアベンシスワゴンは、日本向けにCVTモデルが逆輸入されていますが、ドイツでは1.6Lディーゼル、1.8LガソリンNA、2.0LガソリンNAの3タイプのエンジンに6MTが装備されています。ミライ、ランクル、ハイラックスといった他ジャンルのモデルを除けば、アベンシスはドイツトヨタのフラッグシップモデル!!しかも世界のトヨタがドイツ市場を攻略するために設計されています。25000ユーロ〜という価格設定もVWパサートと完全にガチンコで、あまり想像ができないですが、トヨタがVWに「価格」ではなく「走り」で挑んでいるわけですから、これはCVTではなく6MTで味わいたいですねー。

最新投稿まとめブログ

↓良さげな33Zが出品されてます(総額130万円だって!!)