Rage against the (domestic) machine

売らない理由

そもそもなんでトヨタは2.0Lダイナミックフォースエンジンを日本向けカローラには搭載しないのか。台数限定モデル(CVTのみ)だけで出す理由はなんだろう。北米では6MTだ。もし日本市場でカローラスポーツを2.0Lの6MTで売ったら、トヨタブランドの他のモデルの販売に悪影響が出ることが好ましくないのだろう。トヨタでスポーティなMTを買いたい人には、ぜひ400万円以上出させてGRヤリスを売りたいのかもしれない。ただでさえ利益の薄いスポーツモデルだから、カニバリで過当競争になるのを防ぎたいのだろうけどさ、そもそもトヨタは日本市場でいくら儲けちゃっているんだ!?それなのに、日本市場のユーザーには還元されないのか!?元カローラランクスのユーザーとして憤りを覚える。

ターボを目の敵にする必要ある!?

HVとターボの2つを設定する意味とは!?どちらも欧州向けと同じユニットなんだろうけど、欧州の大衆ブランドがよく使うスペックである1.2Lターボをわざわざボトムに置き、トヨタ秘伝のHVをその上位グレードに据えて、トヨタのユニットは非常にコストがかかっていて価値があるものですよ!!とアピールしたいのだろうか!?何度となくHVが拒まれてきた欧州市場だけど、RAV4、カムリ、カローラ、ヤリスといった欧州向けトヨタの主軸は軒並み好調で、HVの比率も半数を超えているそうだ。トヨタの狙い通りHVがEUの壁を突き破りつつある。それならば欧州向けだけ1.8HVと1.2ターボの設定にすればいい話だと思う。もはや日本ではすっかりHVが市民権を得ているのだから。