Rage against the (domestic) machine

 

Cセグ全体のイメージ低下

気の抜けたトヨタや日産のモデルを見て、「やっぱりCセグって大したことないね、それらと同等のシビック、MAZDA3、インプレッサも・・・推して知るべしだ」みたいに思われている節もあるだろう(シビックもアメリカ向けエンジンあり、インプもアメリカ向けはMTありで同罪?)。日本や欧州ではCセグ以上はクルマに付加価値を求めるユーザー向けのモデルなんだけど、中堅の各社が創意工夫を施して魅力的なCセグを展開しようとしているのに、トヨタ、日産、フォルクスワーゲンがすっとぼけたCセグを売り続けている。この3社は現状では間違いなく日本市場のCセグはやる気ない。このまま不買運動を起こされるまで居座るつもりだろう(新型ゴルフの予約が始まったらしいが)。

 

Cセグの可能性を考えろ!!

え?以前のトヨタ車よりもずっと走りが良くなっているって!?だったらエンジンやミッションまでこだわってくれ。乗り出し300万円以内で、ドライビングが楽しくて、オシャレなスポットに気軽に乗っていけるようなスタイルのクルマを、1000万台クラスの大手が本気で売れば、高齢化が止まらない自動車ユーザー層も一気に若返るきっかけになると思うが・・・。3社の関係者も口を揃えて「若者のクルマ離れを止めたい」とおっしゃりますけど、言ってることとやってることが違い過ぎる。貧乏人は相手にしたくないってことだろうけどさ・・・もはや怒りの感情しか湧いてこない。私が言えた立場ではないが、日本向けカローラスポーツとC-HR(同じようにエンジン積み替え)はさっさと出直してこい!!