HONDAを買うなら・・・




格差社会を反映!?

ホンダのラインナップ表を見ていると、どこか日本社会の「縮図」のような気がしてゾッとする。一定レベルより上のモデルにはもれなく最高品質のパワーユニットが搭載される。いいクルマになればなるほどエンジン&モーターのクオリティが上がる。ホンダの技術にたくさんカネを払ってくれる客には最大限に応えるという方針なのだろう。

理解されていない!?

レジェンドやアコードに載っているユニットは他社のレベルを大きく超えている。最高のクオリティを持ったユニットだけども、日本市場の反響は今ひとつだ。これはいいクルマだ!!とちゃんと分かって買っている人も一定数はいるのだけど、日本には「いいクルマが欲しい」という層がまだまだいるはずだし、これだけの素質を備えているクルマなのだからもっと売れていいと思う。

攻めのホンダは魅力ある

日本のクルマ好きとホンダの関係は、90年代からの高回転型自然吸気ユニット、いわゆるVテック搭載モデルが全ラインナップに広がっていた頃は良好だった。ごくごく一般的なモデルでさえも他社のスポーツカーで使うユニットよりも余裕で高回転まで回っていたのだから、オーナーの満足度は高かっただろう。1980年代に日本で初めて北米での現地生産を始めたり、欧州COTYで日本の中型車で初めて評価されたりと意欲的な活動をしていたけども、まだまだトヨタ、日産の背中は遠いと自己分析をしていたからこそ、日本のユーザーに喜ばれるモデルを連発できた。

プレリュード&インテグラ

2000年代に入り、トヨタと熾烈なハイブリッド競争を始め、ミニバン開発やフィットの登場など、従来のホンダのイメージを裏切る企画が増えた。2010年代に入り今度は軽自動車・・・。そりゃファンは逃げていくのも仕方ない。ホンダが軽自動車に参入したおかげで軽自動車のレベルが大きく上がったのは間違いないけども、プレリュードやインテグラにホンダのアイデンティティを見出していた人々はただただ失望したことだろう。

暗黒期

2000年代の業界再編において、欧州メーカーにごっそり技術をパクられたツラい経験をしたホンダは、その後の孤立主義ゆえに難しい戦略上の舵取りを強いられた。ホンダにとっては不可抗力だよ。まさか欧州メーカーがそんなクズだったなんて思わないし。2000年頃からクズだったけど、2015年になってもクズだった故に排ガス不正疑惑の渦中へ。そして2019年になってもふざけた日本向けモデルを売りつけてくるクズ。どこのメーカーかはナイショ。

やられてる・・・

失意の2000年代、迷走の2010年代を経て、そろそろホンダも「クルマ好きの憧れ」を再び成長の糧としていくタームへ戻ってきたんじゃないか!?軽自動車以外でなかなかヒット車が出ないのはもどかしい。トヨタ、日産、マツダの攻勢を躱すことはできるだろうか!? アコードよりカムリ、フィットよりノート、シビックよりMAZDA3に傾く状況は簡単には変わりそうにないが・・・ホンダの武器は高いエンジン技術と、他社の想像を絶する新システムなのだから、これから出てくる新モデルに期待すべきか。




いよいよ「二択」

インサイトの2モーターi-MMDユニットは他社にも警戒されているようだ。326万円〜のインサイトに対し、新型MAZDA3用ユニットで唯一対抗できるポテンシャルがあるのがスカイアクティブXで、搭載モデルの価格設定は314万円〜と発表されている。トヨタや日産も完全に蚊帳の外、スバル、三菱や欧州ブランドが現状では全く近寄れないレベルの「スーパーエンジン対決」は見ものだ。

10月が待ち遠しい

街中でもリッター20km以上で楽々走れるだけでなく、全速域でクイックに加速する。ロングドライブにも耐えられる航続距離。高速道路の巡行ならば1.5Lのインサイトに対して、2.0LのスカイXのMAZDA3の方が有利かもしれない。ディーゼルユニットのような着火を行うならば低回転後続ができるので静粛性にアドバンテージがありそうだ。ホンダもその気になればアコード用の2L版を導入することもできるだろうが。

トヨタ、日産を出し抜け!!

ホンダ「i-MMD」とマツダ「スカイアクティブX」はエンジン技術、モーター性能と同時にミッションの性能アップが勝負の鍵を握る。自社開発のミッションだけでなく、横置きエンジンではシャシー&ボデーの設計を含めホンダ、マツダは突き抜けた存在。半官半民のボンクラなルノーに牛耳られた結果、日産にはモーター駆動オンリーのユニットしかない。トヨタはプリウス用とカムリ用を車重ベースで使い分けているけど、この両方のユニットの長所を1つにまとめることが、ホンダとマツダ両陣営の狙いなのだろう。

欧州車なんてさ・・・

かつてホンダを喰い物にした欧州メーカーが今年発売した新型モデルには、相変わらずリッター11km、上り坂を駆け上がればすぐに息切れしてしまう貧弱なユニットが搭載されたままだ・・・。とりあえず2019年に「走り」のクルマを買うならばホンダ、マツダそれぞれのスペシャルユニットの二択なのだと思う。




1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です