1件のコメント

  1. 小魚

    CARDRIVEGOGO様
     はじめまして、当方アラフィフで、多機能クォーツ時計を専ら使い、缶入り地ビールを飲み、スーツはほとんど着用せず、しかも貴ブログを年単位で拝読させて頂きながらトヨタ製の車を自家用に買った、CARDRIVEGOGO様からしたら「釣っても釣果にならない」でしょう小魚です。

     ご存じだと思いますがトヨタ車すごくいいですよ。HVという正しい車に乗ってる感・乗り心地・ちょうどよい人受けや世間体、ディーラーの雰囲気や整備士さんまで行き届いた礼儀、供されるお茶やお茶菓子やその器などなど。「自動車を自分で運転して愉しむ・クルマを味わう (=CARをDRIVEしてGOGO!) (失礼)」点を抜きにした場合ですが。

     昨今「商品本体のスペック」→「購入した場合のメリット」→「イメージ」の順が、「商品本体を置き去りにした記号的な商品価値の強引な付与」にすっ飛んでしまっているような感があります。「ヤツらはラーメンを食ってるんじゃない。情報を食ってるんだ!」という台詞があります。「美味いと言うから食ってたけど、これ全然美味くないじゃないか」といつか気づくかもしれませんが、記号を買っている消費者は味なんて気にもしていません。(多忙な消費者は本当の味をいちいち見極めるだけの余力がなく、記号で取捨選択せざるを得ない状況というのが正しいのでしょうか)

     昨今のベンツ・BMWの小排気量FF流行りは、消費者はベンツ・BMWという記号を買っており、同じ記号であれば廉価版で十分ということなのでしょう。小排気量=エコ=正義、というのも後押しします。CARDRIVEGOGO様のご不満も、本体の商品価値ではなく付与された記号に高いお金を払って満足している消費者に対してなのでしょう。

     逆に上手に記号を付与できれば、不遇な商品が革命を起こすかもしれません。内面素敵なのにモテないって奴ってよくいますが、人を見る目のない周りを嘆くより当人のプレゼンテーション能力不足を改善する方が建設的です。わかる奴がわかればいいいでは誰にもわからない。もっとわかりやすく伝えろ上手にアピールしろと思います。記号で踊りたい層も少なからずいますが、それと同等以上に存在する本質で選びたい層に伝わるように。最近のマツダの営業方針の転換はその辺なのだと推察します。

     CARDRIVEGOGO様は私の視野に入る「車を自分で運転とするという行為をもっと味わえ愉しめ!ていうか人生をもっと味わえ愉しめ!」と高説される稀有な方です。正しく誤らない選択重視で正直少し忘れかけていました。今後もお邪魔させていただきたく存じます。感謝しつつ応援したく思い、釣られました。長文失礼いたしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です