2件のコメント

  1. ano

    無理して売ったところで継続しなけりゃ文化として定着しない。未来泳法BMWと手を組み続けて代替わりし続けるのか?スバルと組んだ86も次がどうなるか分からない。ホンダのS660も同様。一回限りの企画モノとしてまた途絶えるかも。しっかり利益を出して続けることに意味があるように思えるのだが。

    MX-5ロードスターは30周年キープコンセプト、そこに普遍的価値があるのでは。続けてなければこのご時世1.5L自然吸気のFR軽量ロードスターなど販売できるはずがない。実際に量産車では世界のどこを探しても他には存在しない。世界唯一の伝統的LWSであることの文化的価値を無視してこのクルマを語る評論家はアホである。

    初代がトランクすらないチープな横置きミッドシップなんぞにならなくて良かった。チープなMRなんてろくなもんじゃない。日本のクルマおんちはターボ化しろとかディーゼルを載せろとか250万~が高すぎるとか悉く何もわかっちゃいない。どこぞの軽は月販2万台で最大200万する時代にグローバルで年間3万台に過ぎない小型FRスポーツを売ろうというのだから十分安いのだ。

    • wpmaster

      コメントありがとうございます

      911とロードスターの歴史は別格ですけど、まあ今回のスープラ&Z4は、1代限りで消えたとしても素晴らしい仕事なんじゃないかと思います。

ano にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です